食品・飲料

いちごの毛の正体はおしべ?めしべ?何科なの?果実や種はどこの部分?

2022年4月5日

いちごの毛の正体は何?何科なの?実や種はどの部分?

  • いちごの毛の正体は何?
  • 何科なの?
  • 実や種はどの部分?

について調べてみました(^^)/

《結論》

  • いちごの毛の正体は「雌蕊(めしべ)」
  • バラ科
  • 果実は粒々の種のような部分
  • 種は粒々の中にある

でしたよ。詳しく紹介していきます。



いちごの毛の正体は何?

いちご

イチゴの実をよく見てみると、茶色い細かい毛がいっぱい付いてますよね。

その剛毛さに口にするのを躊躇する方もいるかもしれませんが、

口に入れてしてしまえばその美味しさに気にする人はあまりいません。

 

ではあの毛は何なのか?

毛の正体は、雌蕊(めしべ)です。



赤い実のような部分は花床

いちご

あの赤い実の部分は、本当は実ではなく花床(かしょう)というものです。

花托(かたく)とも言われます。

花床とは

花床は

「花びら、雄しべ、雌しべ、がく」などが付いている部分のことです。

それの肥大したものが私たちが食べているいちごの部分なのです。



いちごの果実はどこ?

いちご

元はイチゴの花の茎の仲間のようなもので、本当は種のような小さな粒々が果実です。

 

イチゴの花を観察してもらうとわかるのですが、

真ん中に小さなでっぱりがあり、そこから「めしべ」がたくさんついています。

その出っぱりこそ花床であり、毛は「めしべ」の名残りというわけです。

いちごの種はどこ?

そうしますと、「苺の種子はどこにいった?」となりませんか?

 

ほとんどの果物は実の中に種がありますよね。

先述しましたが、イチゴの果実は種のような小さな粒々です。

つまりあの小さい種のような中に、またさらに小さい種が入っているということになります。

 

種だと思っていたら、実は果実。

果実だと思っていたら、実は茎に近い部分。

だったんですね(*´▽`*)



イチゴは何科?

いちご

いちごはバラ科です。

 

イチゴをはじめバラ科の花の特徴は皆一緒で

原種の花びらの基本は5枚です。

 

「バラって花びらが多いけど、一緒なの?」と不思議に思いましたが

実はバラのあの花屋などで見られるバラは品種改良された園芸種なのです。

 

ただ全てが5枚かと言えばそうではありません。

バラ科にも花びらが4枚になる例外があります。

桜やハナマスもバラ科

イチゴの他に、桜、ハマナス、吾亦紅(ワレモコウ)などがバラ科です。

共通点は花びらで、共通して5枚なんです。



さいごに

いちご

イチゴ以外にも、食べている果実の部分は

私たちが思っているものと全く違うものはまだまだあります。

普段食べている果物も、「調べてみたらそうだった」ということもあるかもしれませんね。

 

いちごのことを夫に教えたら「そうなんだー!知らなかった」

と感心されたので、雑学として披露するのにもいいかもしれません(#^.^#)

 

↓ いちごの語源はこちらで紹介しています

いちごの語源や由来は?
いちごの語源や由来は?

いちごの語源や由来は? について調べてみました(^^)/ 人気の【苺スイーツ】を探す created by Rinker Amazon 楽天市場 Yahooショッピング もくじ1 いちごの語 ...



さいごまで御覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加していますので、
クリックいただけると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

-食品・飲料

© 2022 HAPPY NET Powered by AFFINGER5