イベント

バレンタインでスコーンをもらう・あげる意味は?

バレンタインのイメージってやっぱりチョコレートが今でも定番って感じがしますが、

ここ最近でだいぶチョコレート以外のお菓子も注目されるようになりましたよね。

スコーンも人気なようですよ♪

そこで、「スコーンをもらう・あげるにはどんな意味があるのか?」

調べてみました(^_^)/

結論

スコーンには特別な意味がない

だから誰にでもあげやすい

ということでしたよ☆



スコーンをもらう・あげる意味

スコーンについて調べたところ、深い意味はないとのこと!

「えっ、じゃあバレンタイン関係なくない?」とも思いますよね。

 

なぜ深い意味はないスコーンが今、バレンタインに渡すお菓子の候補として人気なのかというと

理由はその「深い意味はない」というところにあります。

誰にあげてもいいのです。

 

ちょっとした気持ちとして異性、同性限らず渡せるお菓子として人気なようです。

そして焼き菓子なので日持ちするとゆうのも大きいポイントですよね。

 

甘めのジャムを添えたらティータイムのおやつに。

バターを添えて朝食に。甘いものが苦手だという方にも喜ばれるでしょう。

男の人やご年輩の方は甘いものが苦手な方も結構多いですがその心配がないのもいいですね。



スコーンは作りやすい

そしてスコーンは、手作りする場合に大量生産が可能なんです。

材料も非常にシンプル!

甘いスコーンを作りたければチョコチップはドライフルーツなど入れてみたり、

塩気のあるスコーンが作りたければベーコンやきのこ、ほうれん草など入れておかずスコーンにするのもありですね。

 

バレンタインは甘いものをもらう人が多いと思うので、

ちょっとした気遣いでスコーンをプレゼントするのは喜ばれそうですね(*´▽`*)

ベーコン&ほうれん草入りのスコーンは私も大好きです~。



お菓子によって意味が違う

スコーンの他にも

バレンタインにあげるお菓子って意味があるって知ってましたか?

 

例えばチョコレートは本命でも義理でも通用します。

しかしクッキーは「友達でいましょう」という意味がこめられています。

キャンディは「好き」という意味を表します。

口の中にずっととどまることがもともとの由来だそうです。

マシュマロは口の中で溶けてなくなることから、ほどよい距離感を保っておきたい相手に渡すのがベターとか。

こういったようにバレンタインにあげるお菓子にはちゃーんと意味がこめられてるんです。



さいごに

スコーンは、

  • 誰にでもあげやすい
  • 味のバリエーションをつけやすい

のが人気の理由だったんですね~(^_^)/

手作りの場合は、自分の朝ご飯用スコーンとかも

ついでに作れるのでいいな~なんて思っています♪



-イベント

© 2022 HAPPY NET Powered by AFFINGER5