イベント

ジューンブライドの入籍はなぜ人気?由来は?離婚率が高いって本当?

ジューンブライドの入籍はなぜ人気?由来は?離婚率が高いって本当?

  • ジューンブライドの入籍はなぜ人気?
  • 由来は?
  • 離婚率が高いって本当?

について紹介します。



ジューンブライドの入籍はなぜ人気?

結婚式

ヨーロッパでは6月は雨が少ない時期ですが、

日本は北海道以外は梅雨の嫌な時期でもあります。

 

それにも関わらずどうしてこの時期に入籍や挙式したりするカップルが多いのかですが、

「雨が嫌なことを流してくれる」という説があるそうですよ。

ホテルが広めたことが大きかった

日本でジューンブライドが広まった一番大きな理由ですが、

それはホテルが広めたことが多かったのです。

 

どうしても6月は梅雨でじめじめしているということもあり、ホテルではお客さんも来なくて暇な時期でした。

しかし、あの有名なホテルオークラの当時の副社長が、

1960年代後半に、先述したヨーロッパのジューンブライドのことを知ることになるのです。

「これだ!」と思った副社長は、「6月に結婚すると幸せになれる」という謳い文句で宣伝して広まったそうです。

 

つまり、お客さんを閑散期に呼ぶ為の戦略だったわけですが、

ヨーロッパでこのような言い伝えがあることは間違いないですし、大成功ですよね。



ジューンブライドの由来

結婚

所説ありますが、昔からヨーロッパでは

6月に結婚すると幸せになれるという言い伝えがあるようです。

ギリシャ神話

一つはギリシャ神話説です。

ギリシャ神話にユノという女神が登場します。

 

このユノという女神は、結婚や出産を守護している神様なのです。

このユノが守護しているのが6月ということもあり、

6月に結婚することで特に女性は幸せになり、子宝にも恵まれると言われているそうです。

 

ちなみにユノの夫はユピテルという雷を司る神様です。

農作業が落ち着く時期

もう一つは農家が関係しています。

 

昔ヨーロッパでは3月から5月くらいまでの間は農作業が忙しいとの理由で、結婚を禁止されていたのです。

結婚をしている暇があるなら農作業を手伝ってという感じだったのでしょうか。

 

その為この時期は結婚することは出来ないけど、農作業が落ち着いた6月には結婚してもいいよと解禁されるのです。

それで結婚を考えていたカップルたちが6月に一気に結婚式を挙げたという話もあります。

離婚率が高いって本当?

はてなマーク

もう一つの本題、気になる方も多いと思いますが調べてみました。

結婚するカップルも多いけど、離婚する人も多いという噂もありますよね。

 

しかし、調査してみた所、離婚率が高いという根拠はありませんでした。

 

ただ、昔と比較すると今は離婚をするということはごく普通のことになってきています。

その為「ジューンブライドで結婚した人の離婚率が高い」という噂は、

ただ単に離婚率が増えただけのことで言われているようです。

 

また、その他の理由としては、6月に結婚することに憧れていたというだけで、

あまりよく考えないで結婚してしまう人もいるみたいです。



さいごに

ジューンブライド

ジューンブライドの始まりには、とてもロマンチックな意味があることが分かりました。

私も憧れていましたが、式場の空き状況や費用、準備期間などを考えていったら

11月になりました(*´▽`*)

時間など余裕があるなら6月にしていたかもしれません。

ジューンブライドってやっぱり素敵ですよね♪



さいごまで御覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加していますので、
クリックいただけると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

-イベント

© 2022 HAPPY NET Powered by AFFINGER5