生活

ワッペンがアイロンでつかない素材は?アイロン以外の付け方はどんな方法がある?

ワッペンがつかない

  • ワッペンがアイロンでつかない素材ってあるの?
  • アイロン以外の付け方は?

について紹介します。

《結論》

★アイロンでうまく付かないのは、ナイロンやアクリル、厚み・伸縮性のある素材

★付けやすいのは、綿や麻(特にデニムは付けやすい)

★アイロンでつかない場合は、縫いつける、裁縫用のボンド・テープを使う方法がある

でしたよ。

裁縫用の強力ボンドなら、縫い付けの手間なくペタッと貼るだけで洗濯もできるのでおすすめです。

ワッペンがアイロンでつかない素材ってあるの?

はてな

ワッペンはアイロンや縫って付けるイメージがありますが、

素材によってはアイロンでは付かない、付きにくいものもあります。

ナイロン・アクリル

まず、アイロンで付けるタイプのワッペンはナイロンやアクリル素材だと上手く付きません

 

それは、ナイロンやアクリルは熱に弱く水に浸み込みにくい特性があるため、

アイロンの熱によってワッペンも接着部分が上手く付かなく、相性が悪いからです。

厚み・伸縮性のあるもの

また、厚みがあり伸縮性のある素材

アイロンで付けるタイプのワッペンが付かないので注意が必要です。



アイロンで付けやすい素材

一方、アイロンで付けるタイプのワッペンと相性が良いのは、熱に強い特性がある綿や麻となります。

 

特にデニム素材はアイロンタイプのワッペンが付きやすく、

ワッペンも接着部分にもなじむので失敗しにくいです。

アイロンでつかない時はどうする?

「ワッペンを付けたいけどアイロンではつかない!困った」

という場合は、アイロン以外の方法でつけると良いですよ。

  • 縫い付ける
  • 裁縫専用のボンドを使う
  • 水洗いOKの接着テープでつける

という方法があります。

縫いつける

少し手間はかかりますが

ワッペンをしっかり縫い付けてしまえば、取れる心配もありません。

専用のボンド

水洗いしても大丈夫な裁縫専用のボンドなら

針も糸もいらないのでとっても簡単です。

 

「裁ほう上手」というボンドが人気がありますよ。

手芸屋さんだと600円くらいですが、

以下のショップだと、

  • 送料無料で440円(税込)
  • ポスト投函
  • 14時までの注文で当日発送(土・祝日は11:00まで、日曜日は休業日)

なのでおすすめです。ネット通販だとポイントもつきますよ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ ボンド 裁ほう上手 17g #05476
価格:440円(税込、送料無料) (2022/9/19時点)

楽天で購入

 

手芸用の強力両面テープ

手芸用のテープは

  • 1~3日以内に発送(店舗休業日を除く)
  • レビュー評価も高い

ので以下のショップがおすすめです。

「ボンドだと中身を出し過ぎて失敗するかも?」という心配がある場合はテープが良いですよ。

取り外し可能なピンタイプを使う

「ワッペンをくっつけるのではなく、取り外し可能にしたい」

という場合は、裏に安全ピンなどがついているタイプを選ぶのがおすすめです。

 

これなら洗濯の時は外せばいいので、素材から剝がれる心配もありませんし傷みも少なくすみます。

まとめ

ワッペン

ワッペンはアイロンで付けるイメージがありますが、

熱に弱いアクリルやナイロンは、

アイロンの熱でワッペンや接着部分がダメになり素材を傷つけてしまう可能性があり、上手く付けられない素材となります。

 

綿や麻のように熱に強い素材だとアイロンワッペンと相性が良いので、

アイロンで付ける場合は素材を確認すると失敗なく付けられます。

 

また、アイロンで付かない場合は

縫い付ける、裁縫用のテープを使う、裁縫用のボンドを使って付ける方法もあります。

ボンドやテープは、手縫いやミシンが苦手な方でも簡単に使えます。

 

裏にピンが付いているタイプなら

取り外しができるので素材に関係なく付けることができ、ワッペンのアレンジを楽しめるので利便性が高いです。



さいごまで御覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加していますので、
クリックいただけると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

-生活

© 2022 HAPPY NET Powered by AFFINGER5