イベント

【バレンタインに贈るものには意味があった!】チョコやクッキーなどお菓子別に解説

バレンタインにはチョコレートなどプレゼントしますよね!

実は、お菓子によって込められている意味が異なるんですよ(^^)/

 

どんな意味があるのか、お菓子別に紹介していきます♪



チョコレート

バレンタインデーといえば、チョコレートというほどメジャーで浸透しているお菓子ですが、

チョコレートには「あなたと同じ気持ち」という意味が込められています。

 

友達、恋人、好きな人、上司などどのような相手にもプレゼントできるのが特徴で、

さらには味や価格、見た目も様々なため贈る相手によって中身を変えて差をつけるのも一つの手です。

クッキー

クッキーには「友達でいよう」や「あなたとは友達」という意味があるため、友達に渡すのが一番適しています。

クッキーは食感がサクサクしていて軽いため、

ライトな関係である友達の意味合いを持つようになったともいわれています。

マカロン

マカロンは高級感のあるお菓子のため、「あなたは特別な人」という意味が込めて特別な相手に贈るお菓子といわれています。

恋愛対象としての好きな人だけでなく、

人として大切な人の両方の意味を持つといわれています。



マロングラッセ

マロングラッセとはあまり日本に馴染みがないお菓子ですが、

栗を砂糖漬けにして煮詰めた甘いお菓子のことをいいます。

このことから「永遠の愛の証」といわれているため、恋人に贈るのに適しています。

マドレーヌ

マドレーヌには、「もっと仲良くなりたい」という意味が込められています。

二枚貝の形の型に入れて焼かれることが多いお菓子で、

二枚貝はぴったりと重なることから円満の象徴ともいわれており

友達、恋人、好きな人に贈るのがおすすめです。

キャラメル

キャラメルは「一緒にいると安心できる」という意味が込められたお菓子で、

小さい子供にも人気のお菓子であるキャラメルは、

食べると安心すると感じる人も多いことからこのような意味が込められたそうです。

友達、恋人、好きな人に贈るのがおすすめです。



マシュマロ

マシュマロは口に入れるとすぐに消えてしまうことから、嫌いな人に渡すものといわれています。

また、柔らかい食感から転じてやんわりと相手に好きでは無い気持ちを伝える象徴としても捉えられることがあるそうです。

このことから好きな相手や恋人に贈るのはやめた方がいいかもしれません。

キャンディー

キャンディーは、お菓子の中でも固く、

口に入れてから食べ終えるまで長く味わえることから「壊れない関係」を意味します。

このことから恋人や好きな人への変わらない気持ちや愛を伝えるためのお菓子とされることもあるようです。

ドーナツ

ドーナツには、「あなたが好き」という意味で丸い輪のあるお菓子なので終わりがない、

ずっと続くといった意味も込められています。

恋人や好きな人に告白したい方にもおすすめです。



金平糖

これまで洋菓子をピックアップしてきましたが、

最後は和菓子をプレゼントしたいという方におすすめなのが、金平糖です。

金平糖はキャンディーと同様に口の中で長く残ることから、永遠を連想させるだけでなく、

見た目がオシャレで色々な色や味を楽しめるのもおすすめの理由の一つです。

さいごに

バレンタインのプレゼントは、渡すときドキドキしますよね~(*´▽`*)💞

せっかくなら、自分が伝えたい気持ちに合ったお菓子をプレゼントをするのが

おすすめです。



-イベント

© 2022 HAPPY NET Powered by AFFINGER5