食品・飲料

【マクドナルドのシニア割引】何歳から?50歳・60歳・65歳?クーポンでお得になる?アプリを使う?紙のチラシもあるの?

本ページはアフィリエイト広告を利用しています

【マクドナルドのシニア割引】何歳から?50歳・60歳・65歳?クーポンでお得になる?アプリを使う?紙のチラシもあるの?

  • マクドナルドのシニア割引は何歳からなのか
  • クーポンの種類

について紹介します。

《結論》

★対象年齢はクーポンごとに異なる(55歳以上や、60歳以上)

利用できる時間帯に制約があったり、店舗によっては割引がないこともあるので注意

多くのシニア割のクーポンは、朝食時間やランチ時間など早い時間のみ利用可能である場合が多い

★クーポンの種類は

  • 公式アプリ
  • ニュースアプリ
  • デリバリーサービスアプリ
  • LINE
  • 折り込みチラシ など

紙のクーポンもあるが、アプリが多いため使えるようにしておくと良い



マクドナルドのシニア割引は何歳から?

結論から言うと、対象年齢は55歳以上だったり、60歳以上だったりクーポンごとに異なります。

そして、利用できる時間帯に制約があるので、いつ行っても利用できるわけではない点に注意が必要です。

さらに、マクドナルド全店舗で常に提供されているわけではなく、店舗によってはシニア割が効かないケースもあります。

多くのシニア割のクーポンは朝食時間やランチ時間など早い時間のみ利用可能である場合が多いです。

クーポン入手方法

シニア割のクーポンを入手するにはいろいろな方法があります。

公式アプリ

まずは、マクドナルドの公式アプリです。

毎週金曜日に新しいクーポンがリリースされます。

ニュースアプリ

2つ目は、ニュースアプリのクーポンです。

「SmartNews」「Yahoo!JAPAN」「グノシー」などからもクーポンを入手可能です。

デリバリーサービスアプリ

3つ目は、デリバリーサービスアプリのクーポンです。 「マックデリバリー」や「Uber eats」などからクーポンを取得できます。

折り込みチラシ

4つ目は折り込みチラシです。

新聞の折り込み広告が入ることがあります。

その店舗限定クーポンを見つけることができます。

LINE

5つ目はLINE「スゴ得」クーポンです。

マクドナルドのLINEアカウントを友だち登録すると、特別クーポンが届くこともあります。

アンケートでもらう

6つ目はアンケートアプリで配布されるクーポンです。 「KODO」などのアンケートアプリからクーポンを獲得できます。

アンケートもいつもシニア割のクーポンが配布されるわけではないので、更新頻度などを確認して、都度チェックが必要です。

 

シニア割のクーポンは折り込みチラシなど紙媒体のものもあれば、

スマホアプリから配布されるデジタルクーポンや電子クーポンも増えています。

シニア世代もスマホ利用が増えているため、電子クーポンやアプリから配布などデジタルクーポンを活用できるようにしておけば、

クーポンの情報をより手に入れやすいと言えます。


まとめ

マクドナルドのシニア割はクーポンによって利用可能年齢が異なります。

全店舗で提供されているわけではなく、

店舗によってはシニア割が使えないこともある点、利用条件を必ず確認する必要があります。

 

紙クーポン、電子クーポンなど色々なところから配布されており、

毎回配布されるとは限りませんがチェックしてみると思わぬお得なクーポンをゲットできる可能性があります。