ギフト

ドライフラワーのプレゼントはだめ?どんな意味がある?もらっても嬉しくないの?

ドライフラワー プレゼントしない方がいい?

プレゼントと言えば花を贈る機会も多く貰うことも多いことでしょう。

生花はもちろんですが、ドライフラワーもギフトとして贈るのも珍しくはありません。

今回は

  • ドライフラワーのプレゼントはだめ?
  • どんな意味がある?
  • もらっても嬉しくないの?

について紹介します。

《結論》

  • スピリチュアル的な意味を気にする人へはやめておいた方がいい
  • 風水では「陰」気を持つ
  • 欧米では「永遠に咲く」という理由からお祝いごとにも用いられる

ということでしたよ。紹介していきます。



ドライフラワーのプレゼントはだめ?もらっても嬉しくないの?

はてな

ドライフラワーは長く楽しむことができるので人気がありますが、

送らない方が良い場合があります。

 

それはスピリチュアル的な意味を気にする方に贈る場合です。

その場合は生花の方が喜ばれることでしょう。

ドライフラワーにはどんな意味がある?

ドライフラワー プレゼント

風水では「陰」

筆者は一時期スピリチュアルの本を沢山読んでいたことがありましたが、

ドライフラワーは生きていない為に「陰の気を持つ」ということでした。

 

運気を上げる為には生花じゃないといけないということが色々な本に書かれていましたよ。

もし贈る相手がスピリチュアル、占い、風水などを信じるタイプであれば生花の方が良いでしょう。

 

そしてお見舞いのお花として贈る時も、出来ればドライフラワーは避けた方が良いです。

「早く元気になってね」という意味合いを込めて生花を送った方が良いでしょう。

欧米では縁起がいい

一方、欧米では「永遠に咲く」という意味から

縁起がいいものとして結婚式で使われたり、お祝いのプレゼントに人気なのだそうです。



ドライフラワーの魅力

ドライフラワー プレゼント

ドライフラワーの魅力に関してですが、

まずは何と言っても水を与えたりしなくても、キレイなままで鑑賞をすることが可能であるということです。

 

人によっては花を育てるのが苦手な人はいませんか?

「私すぐに花を枯らしちゃうから…」という人がきっといるはずです。

 

当然生花は生きているわけですから水を与えないと枯れるのも早いです。

水を与えたとしても花の寿命は短いです。

 

その点ドライフラワーは水を与えなくても枯れることはありません。

花を育てるのが苦手な方や忙しい方に贈るのにはとても向いていることでしょう。

寿命はある?

筆者の母親も、かなり前に大きいドライフラワーの花束を退職祝いに貰ったことがありました。

少し前についに処分したのですが、やはりドライフラワーでも寿命はあります

 

もう15年くらい貰ってから経過していましたし、色も変色していました。

しかし、生花と比較すると長持ちしますし、生花だったらもうとっくにありませんでした。

手入れは必要?

また、ドライフラワーのデメリットですが、長持ちする分ホコリがたまりやすいという点です。

定期的にほこりを取り除いてあげないといけません。

 

ただ、最近はギフトとして透明のボックスの中に入ったまま飾れるタイプの物も販売されています。

まさに今私の見える所に、ギフトで頂いたそのようなドライフラワーが2点飾ってあります。

箱から取り出して飾るかどうかは相手次第ですが、これならば手入れも楽なのでおすすめです。



さいごに

ドライフラワー

結局、ドライフラワーを贈るのは駄目なのかということは相手によるということです。

「風水的なことを気にする人か分からないな」という場合は、

生花や、他のプレゼントにしておいた方がいいかもしれません。

 

ちなみに、私はもらったら嬉しい派です(*´▽`*)

自分じゃなかなか買わないし、豪華で華やかなものも多いんですよね♪

部屋に飾るとオシャレになるので好きです。

 

↓ リースも素敵ですよ~♪



さいごまで御覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加していますので、
クリックいただけると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

-ギフト

© 2022 HAPPY NET Powered by AFFINGER5