知識

【チャート式数学】色の順番や違いは?黒チャートは頭おかしい?

本ページはアフィリエイト広告を利用しています

チャート式数学は、チャートの色によって教科書レベルから超難関大学レベルまでとても幅広くカバーできる高校数学の参考書です。
色のレベルをきちんと理解することによって、無駄がなく効率的に数学の勉強が進められます。
高校数学の参考書としてベストセラーを誇るチャート式数学は、ネット通販サイトの売り上げ上位に君臨しています。
この参考書を採用している高校がたくさんあり、とても多くの高校生が持っています。
しかし、多くの種類があるため、自分のレベルに合わない簡単過ぎる、身の丈以上の難し過ぎる色の参考書を購入してしまう人がいます。
その結果、スキルアップに繋がらなかったり、理解できず最後まで進められなかったりする人がいます。

どうしても数学が苦手な人のために作られた白は、本当にできない、アレルギーの人にお勧めの基礎のチャートです。
初心者向けの解説によって、演習問題や例題も解けるようになるうえ、授業についていきたい、テストで平均点を取りたい人にもお勧めです。
教科書の内容が難しく感じるなら、基礎を徹底し、しっかり理解できると自分のためになります。
何とか苦手な数学を克服したい人に良心的な白チャートのメリットは、問題を解いたあと、なぜ苦手なのか、どの分野が理解できていないのか、きちんとわかることです。
丁寧な解説によって、わからないままにしていた分野が基礎から理解でき、嫌いな数学を勉強するきっかけになるうえ、苦手意識を克服する第一歩になるでしょう。
白チャートのデメリットは、一定の基礎力がある人にとって簡単過ぎることです。
ある程度難しく感じるくらいのほうが、考えて解くことができ、数学の点数や数学的な思考力が上がってきます。

例題を解くことによって、ある程度理解力が上がる黄は、数学の点数が伸び悩んでいる人、実践問題につまずく人にお勧めの標準のチャートです。
基礎からしっかり理解し。さまざまな問題に対応する力をつけたい人にもお勧めです。
白チャートほど簡単ではない適度な難易度のため、応用力が身につきます。
例題が典型的なうえ、実践的な黄チャートのメリットは、問題を解くことによって、丸暗記だった公式が証明でき、1パターンだった解法もさまざまなパターンを理解できます。
黄チャートのデメリットは、公式の根本的な意味をある程度理解している、基礎的な問題に慣れている人にとって、レベルアップに繋がりません。
難関大学や医歯薬学部の受験にも対応できず、ほかの受験生との差が開いてしまいます。

例題が基本と重要に分かれている青は、黄チャートに比べ難易度が上がっており、多少ひねった問題が多く出題され、難関大学を目指す人に使ってほしい発展のチャートです。
ある程度余裕を持って教科書や授業が理解でき、より実践問題をこなしたい人にお勧めのうえ、理系学部や最難関の文系学部の入試対策にぴったりです。
青チャートのメリットは、黄チャートより実践的な入試に近い問題が掲載されているおかげで、しっかり理解していると、入試問題が難しいと感じません。
完璧に青チャートを理解していると、数学のほとんどの受験問題に対応できます。
何となく公式を覚えてしまっている人にとって、難し過ぎるため、青チャートのデメリットは、基礎力がついていない人にお勧めしない、できないことです。

難関大学や医学部を受験する人も青チャートでの勉強が推奨される中、赤は東大や京大への進学を目指す人でもなかなか手を出さない最強のチャートです。
教科書や授業、実践問題も難なくこなせ、高校の数学を極めたい人にお勧めです。
数学の基礎や応用を理解している人にとって、赤チャートのメリットは、頭の回転を速められるうえ、数学的な思考力も鍛え上げられます。
数学の実力者にとって、端的な解説は読みやすく、より実力アップに繋がります。
難易度が桁違いの赤チャートのデメリットは、どんなに数学が得意でも、青チャートで十分になってしまい、手を出さない、出せないことです。
赤チャートに手を出すことは、時間的にも内容的にもリスクが大きく、取り組むかどうかの判断は、真剣に考える必要があります。

これらの白や黄、青、赤のチャートに加え、チャート式数学には専門的な対策ができ、4色の補助的な役割である5色のチャートがあります。
最も基礎的な数学の部分がコンパクトにまとまっている基盤のスカイチャートの難易度は、白チャートとそれほど変わりません。
4色に比べ例題やページ数が少ないスカイチャートは、完全に忘れてしまった数学を復習したい人に最適な薄さの参考書です。
共通テストの緑(りょく)チャートは、数学にあまり時間をかけられなかった人、数学の共通テストに使う人にぴったりです。
入試対策の紫チャートは、インプット用の「入試必携168」と、アウトプット用の「入試によくでるこれだけ70選」があります。
文系と理系に分かれている「入試必携168」は、どの公式を使ってどのように解くのかがまとめられています。
数Ⅰ・Aと数Ⅱ・Bに分かれている「入試によくでるこれだけ70選」は、頻出問題や問題分析がまとめられています。
極みの黒チャートは、前半45問、後半55問に分かれた「数学難問集100」と、全国の医学部の問題が収録された「医学部入試数学」があります。
「数学難問集100」の前半45問は、ある程度高校の数学の学習を終えている人が解けるレベル、赤チャートより難易度が高い後半55問は、数学マニアが楽しめるレベルの問題です。
「医学部入試数学」はレベルに幅があり、「数学難問集100」ほど難しくなく、医学部対策本として使えるように、大学別に問題が分析されています。
色ではなく、固有の名前で呼ばれている青い大学入試数学テーマ30は、数Ⅰ・Aと数Ⅱ・B、Ⅲの全ての知識が必要な複合問題がまとめられています。
問題に対して、どの分野の知識が必要なのかを考えさせられるため、本番をより意識した問題演習が可能です。

このように、チャート式数学には多くの種類がありますが、最も重要で大切なことは、取捨選択し自分に一番合っている参考書を見つけることです。
お勧めは4色のうちの1冊と専門の1冊です。
定期テストだけであれば、4色のうちの1冊だけで十分です。
自分の目標をしっかり見極め、どの参考書を選ぶか決めましょう。