伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」休業日のご案内

ABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園内
伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」 休業日のご案内

 

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ではございますが、伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」モデルホームは
下記日程を休業とさせていただきます。

 

   ◆臨時休業日   8月16日(火)

    ◆定休日     8月17日(水)


皆様にはご迷惑とご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお当日、お急ぎの御用のお客様は下記にて承りますので、ご遠慮無くご連絡ください。
お問い合わせ先  
090-9218-8645(德田) 9:00~18:00

※ホームページならびに電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、
 8月18日(木)以降に順次対応させていただきますので、
 何卒
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」夏季休業のお知らせ

ABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園内
伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」 夏季休業のご案内

 

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ではございますが、下記日程で伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」は夏季休業とさせていただきます。

 

   ◆休業日 8月9日(火)・10日(水)・15日(月)


皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、休業日前後のお問い合わせにつきましては、下記にて承ります。
お問い合わせ先:0120-163-404 9:00~18:00

 

※同、休業日中のお電話・FAXでのお問い合わせもお休みとさせていただきます。

※ホームページならびに電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、
 8月11日(木)または16日(火)以降に順次対応させていただきますので、
 何卒
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

宝塚で開催|7/23(土)・24(日)はSE構法の構造見学会へ!

皆様こんにちは。梅雨が明けてからというもの焼けつくような暑さが続いていますが

いかがお過ごしでしょうか。

ここ伊丹展示場ではこの7月にお越しいただいたお客様で

「SE構法」 に関心をお持ちくださったお客様に向けて

「構造見学会」へのお誘いをお送りさせていただきました。

太陽が恨めしいほど暑いですが、ここはなんとか 『よっしゃっ!』 と踏ん張っていただき、

ぜひ、本物の「SE構法」の現場で、お住まいの “ 安全性 ” に対する造詣を

深めていただきたいと思います。

建物で最も大事なこと、それはなんと言っても、「構造体」に他なりません。

実際にご覧になった人にしかわからない 「SE構法」 の凄さを間近でご体感ください。

当社で「SE構法」に惚れ込み、自宅を建築した社員もご案内役を務めますので

どうぞ御家族でお越しくださいませ。

 

耐震工法 SE構法 構造見学会

 

設計士・インテリアコーディーネーター紹介!

 

こんにちは!三和建設 伊丹展示場 パッシブデザインの【ザ・グランデーゼ】です。

今回のブログでは三和建設の個性豊かな設計士・インテリアコーディーネーターを紹介します!

 

20160702_kusachi

 

 

20160702_samejima2

 

 

20160702_omono

 

 

20160702_adachi

 

 

20160702_ota

 

20160702_itou

 

20160702_miyata

 

 

三和建設では約100名の社員のうち、約50名が1級建築士と2級建築士の資格を持った技術者集団です。

気になることがありましたらお気軽にご相談ください!!

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

 

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

耐震住宅テクノロジー 第1回〜プロローグ〜

 

こんにちは!三和建設 伊丹展示場 パッシブデザインの【ザ・グランデーゼ】です。

 

「地震の備え:耐震住宅テクノロジー」 について今回より5回にわたってご説明させていただきます。

 

SE構法① プロローグ

SE構法② 構造計算ってなに?

SE構法③ 繰り返し地震を考える

SE構法④ ライフスタイルと間取りの変化

SE構法⑤ ゼロエネルギーハウスとパッシブデザイン                                             

20160628_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SE構法ブログ第1回 〜プロローグ〜

 

4月14日、熊本県を中心として発生した大地震は、M6.5の「前震」の約28時間後にM7.3の「本震」が起こりました。このように前例のない短期間での繰り返し地震が建築物への被害を拡大させ、住宅の被害は7万棟を超える大きなものとなりました。今回の住宅倒壊の原因は、建物の強度によるものと、地盤の強度によるものですが、家族の命を守る住処に長く住まうためにも、今一度地震の備えについて考えたいと思います。そこで、建物の耐震性という観点から5回にわたって、耐震住宅の基礎知識についてお伝えしたいと思います。さらに、耐震と省エネの密接な関連性や、住まい方の知恵についてもお伝えしていきます。

 

1995年に起こった阪神淡路大震災では、木造住宅の倒壊により犠牲者を増やしてしまいました。その後の日本の木造住宅の現状は変わらず、ほとんどが国の定める壁量規定によって耐震性の基準を満たしております。 この壁量規定とは、壁や筋交いを簡易的に数値化(壁倍率)して必要な枚数を算出する方法です。しかし、全ての家は立地条件が異なり間取りも違うことから、一棟一棟個別に耐震性を確認しているとは言えません。また、壁を増やして耐震性を確保することは、空間や開口、間取りの自由性を損なうことにもつながります。

 

そこで、われわれ三和建設では、木造の耐震住宅である「SE構法」を採用しております。SE構法は、大規模建築物の技術を一般住宅に応用し、「地震や台風を考慮し厳密な構造計算をおこなうこと・使う材料が強度基準を満たしていること・設計通りの精度で確実に施工できること」 を前提とし、勘や経験ではなく科学的な根拠を取り入れた木造の耐震構法です。

鉄骨造やRC造と同様の立体解析による構造計算をおこなうことで、耐震性能を明確に数値化し、 さらに、建物と一体の基礎の構造計算も実施することで、耐震性に対する最適解を導き出しています。

1997年に木造住宅として初めて建築基準法旧第38条の一般認定を取得し、その後も基準法の改正に沿い必要な評価を取得しており、これまで倒壊件数は0件です。

 

次回に続く

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

 

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

宝塚市で家を建てるなら!厳選土地情報

 

阪神間で土地をお探しの方に!

人気の宝塚市売土地情報を 三和建設が ご紹介します。

 

20160623_mukoyama

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【物件概要】

○住所:   宝塚市武庫山2丁目

●交通:   阪急今津線「宝塚南口」駅から徒歩11分

○土地面積: 227.91㎡ (約68.94坪)

●地目:   宅地

○用途地域: 第2種中高層住居専用地域

●建ぺい率/容積率: 50%/100%

------------------------------------------------

 

 

 

20160517_nakasujiyamate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【物件概要】

○住所:   宝塚市中筋山手4丁目

●交通:   阪急宝塚線「中山観音」駅から徒歩9分
       
JR宝塚線「中山観音」駅から徒歩9分

○土地面積: 241.35㎡ (約73.00坪)  

●地目:   宅地

○用途地域: 第1種低層住居専用地域

●建ぺい率/容積率: 50%/100%

------------------------------------------------

その他、こんなエリアで土地を探して欲しい!現地案内、プラン作成、資金計画相談など、すべて無料でいつでも行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細は0120-163-404までご連絡いただくか、下のバナーをクリックし、メールフォームよりお問い合わせください。

20151220_obi

 

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1.0住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

 

★☆応援クリックお願いします!☆★

第7回パッシブデザイン住宅のセミナー開催!

 

「パッシブデザイン」をご存知ですか

具体的な内容までは知らなくてもこの言葉を聞いた事がある方がいらっしゃるかも知れません。プロである設計、建築士、建築家であっても本当のパッシブデザインを理解し実施されている方はごく僅かです。

 

プランの提案時に、風通しや日当りを考えて設計している。そんな事は当たり前であり、常識ですよ。プロの設計なら皆がやっているって言われると思います。

 

本当にそうでしょうか?

当然、誰もが通風や日当りを考えプランをしますが、ちょっと考えた程度です。例えば日当りを考えるとき建物の配置を正確(有効な場所)に捉え、窓の面積が床面積の何㎡以上あれば良いか、逆に夏には暑さの原因になる日射を何処まで遮るようにするか。地域によって季節や時間帯によってよく吹く風向きを把握して風が通る窓の位置を考えるようにしているか。

 

こうした事まで考えて設計していなければ本当のパッシブデザインとは言えません。現実にはまだまだそこまで取り組んでいる家づくりのプロは少ないのです。

 

 

ここで「パッシブデザイン」の定義をご紹介いたします。

 

【建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を最大限に利用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその実際的手法】

 

なぜ三和建設が「パッシブデザイン」住宅を取り組み始めたのか

 

弊社では、断熱を中心に「冬暖かく、夏涼しく、省エネになる住まい」の提供に取り組んできましたが、そうした家づくりの勉強を進める中で「パッシブデザイン」というものに出会いました。私たちが教科書としている『パッシブデザイン講義(発行:パッシブデザイン協議会)』には、私たちがこれまでに取り組んできたことを大幅に超えるような設計の考え方や技術が紹介されており、こうしたパッシブデザインに本気で取り組むことで、さらにお客様にご満足をいただける家づくりができると確信しました。

 

特に私たちがパッシブデザインに魅力を感じたのは以下のことです。

 

1.質の高い室内環境とすることができ、さらに自然エネルギーを最大限に活用することにより省エネルギーが実現できること。

 

2.質の高い室内環境を実現することで、快適性のみならず健康的な住まいが提供できること。それによって住まい手の健康寿命を延ばすことができる家づくりが可能となること。

 

 

また、最新のシミュレーションソフトを活用することで、適切なパッシブデザインの家をつくるために必要な様々な数値を算出することができ、さらには光熱費や室温といったお客様の満足度に大きく関わる内容を設計段階で示すことができることを知り、確実で具体的なご提案ができるところにも大きな魅力を感じました。

 

パッシブデザインに賛同し、取組みを始めるにあたり、野池政宏先生(一般社団法人パッシブデザイン協議会 代表理事)に師事し、多くの社内スタッフが50時間を超える研修を受けております。

 

三和建設の「パッシブデザイン住宅」における目標

 

私ども三和建設はザ・グランデーゼなどパッシブデザインの技術を取り入れた住宅について、次のような室内温度の目標を立て、その実現に向かうことを宣言いたします。

=居室の室内温度は無冷房でも32℃を超えない!!

  冬=居室の室内温度は無暖房でも15を下回らない!!

 

20160319_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックで拡大します)

 

上のグラフを見てください。冬と夏の室温変化を当社パッシブデザインモデル住宅のシミュレーションした数値です。このように冬は15度を下回らず、夏は32度を超えない質の高い室内環境となり、少しの冷暖房で快適に暮らせる家づくりが出来ます。

環境と家計に優しい家がパッシブデザイン住宅です。

 

もっとパッシブデザイン住宅の良さを知っていただくために無料セミナーを開催いたします。

 

20160621_パッシブセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックで拡大します)

 

宝塚市K様、 宝塚市O様 伊丹市S様6/18開催のセミナーご参加ありがとうございました!

次回は下記の日程にて開催いたします。

 

6月25日 土曜日   10:30~12:00

 

【会場:三和建設別館 住まいのショウルーム】

住所:宝塚市小浜3丁目11-11

お問い合わせ先:0120-163-404

 

 

 

セミナーは完全予約制(3組まで)です。

下記のお申込みフォームよりご連絡ください。



【パッシブデザイン住宅セミナー】 無料セミナーお問い合わせフォーム

お名前 (必須)【記入例:三和 太郎】(全角)


フリガナ (必須)【記入例:サンワ タロウ】(全角カタカナ)


メールアドレス (必須)【記入例:sanwa@××.co.jp】 (半角英数字記号)


郵便番号 (必須)【記入例:1234567】(半角数字)


住所 (必須)【記入例:兵庫県宝塚市○○町○丁目○-○】


電話番号 (必須)【記入例:1234567890】(半角数字)


年齢(必須)【記入例:30】(半角英数字)


参加日時(必須)


参加人数(必須)【記入例:大人:2人、子供:2人】


お住まいのご計画内容(必須)


ご計画時期(必須)


これまで当社に資料請求されたことはございますか?
 はい いいえ

ご質問の内容

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

6月度三和建設のおすすめ物件情報!

 

宝塚市内のおすすめ物件情報をお届けします!

 

20160618_chirashi_ura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックで拡大します)

 

現地案内、プラン作成、資金計画相談など、すべて無料でいつでも行っております。

詳細は0120-163-404までご連絡いただくか、下のバナーをクリックし、メールフォームよりお問い合わせください。

20151220_obi

 

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

 

第6回パッシブデザイン住宅のセミナー開催!

 

「パッシブデザイン」をご存知ですか

具体的な内容までは知らなくてもこの言葉を聞いた事がある方がいらっしゃるかも知れません。プロである設計、建築士、建築家であっても本当のパッシブデザインを理解し実施されている方はごく僅かです。

 

プランの提案時に、風通しや日当りを考えて設計している。そんな事は当たり前であり、常識ですよ。プロの設計なら皆がやっているって言われると思います。

 

本当にそうでしょうか?

当然、誰もが通風や日当りを考えプランをしますが、ちょっと考えた程度です。例えば日当りを考えるとき建物の配置を正確(有効な場所)に捉え、窓の面積が床面積の何㎡以上あれば良いか、逆に夏には暑さの原因になる日射を何処まで遮るようにするか。地域によって季節や時間帯によってよく吹く風向きを把握して風が通る窓の位置を考えるようにしているか。

 

こうした事まで考えて設計していなければ本当のパッシブデザインとは言えません。現実にはまだまだそこまで取り組んでいる家づくりのプロは少ないのです。

 

 

ここで「パッシブデザイン」の定義をご紹介いたします。

 

【建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を最大限に利用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建築設計の考え方とその実際的手法】

 

なぜ三和建設が「パッシブデザイン」住宅を取り組み始めたのか

 

弊社では、断熱を中心に「冬暖かく、夏涼しく、省エネになる住まい」の提供に取り組んできましたが、そうした家づくりの勉強を進める中で「パッシブデザイン」というものに出会いました。私たちが教科書としている『パッシブデザイン講義(発行:パッシブデザイン協議会)』には、私たちがこれまでに取り組んできたことを大幅に超えるような設計の考え方や技術が紹介されており、こうしたパッシブデザインに本気で取り組むことで、さらにお客様にご満足をいただける家づくりができると確信しました。

 

特に私たちがパッシブデザインに魅力を感じたのは以下のことです。

 

1.質の高い室内環境とすることができ、さらに自然エネルギーを最大限に活用することにより省エネルギーが実現できること。

 

2.質の高い室内環境を実現することで、快適性のみならず健康的な住まいが提供できること。それによって住まい手の健康寿命を延ばすことができる家づくりが可能となること。

 

 

また、最新のシミュレーションソフトを活用することで、適切なパッシブデザインの家をつくるために必要な様々な数値を算出することができ、さらには光熱費や室温といったお客様の満足度に大きく関わる内容を設計段階で示すことができることを知り、確実で具体的なご提案ができるところにも大きな魅力を感じました。

 

パッシブデザインに賛同し、取組みを始めるにあたり、野池政宏先生(一般社団法人パッシブデザイン協議会 代表理事)に師事し、多くの社内スタッフが50時間を超える研修を受けております。

 

三和建設の「パッシブデザイン住宅」における目標

 

私ども三和建設はザ・グランデーゼなどパッシブデザインの技術を取り入れた住宅について、次のような室内温度の目標を立て、その実現に向かうことを宣言いたします。

=居室の室内温度は無冷房でも32℃を超えない!!

  冬=居室の室内温度は無暖房でも15を下回らない!!

 

20160319_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックで拡大します)

 

上のグラフを見てください。冬と夏の室温変化を当社パッシブデザインモデル住宅のシミュレーションした数値です。このように冬は15度を下回らず、夏は32度を超えない質の高い室内環境となり、少しの冷暖房で快適に暮らせる家づくりが出来ます。

環境と家計に優しい家がパッシブデザイン住宅です。

 

もっとパッシブデザイン住宅の良さを知っていただくために無料セミナーを開催いたします。

 

20160613_パッシブセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックで拡大します)

 

宝塚市I様、西宮市S様、6/11開催のセミナーご参加ありがとうございました!

次回は下記の日程にて開催いたします。

 

6月18日 土曜日   10:30~12:00

 

【会場:三和建設別館 住まいのショウルーム】

住所:宝塚市小浜3丁目11-11

お問い合わせ先:0120-163-404

 

 

 

セミナーは完全予約制(3組まで)です。

下記のお申込みフォームよりご連絡ください。



【パッシブデザイン住宅セミナー】 無料セミナーお問い合わせフォーム

お名前 (必須)【記入例:三和 太郎】(全角)


フリガナ (必須)【記入例:サンワ タロウ】(全角カタカナ)


メールアドレス (必須)【記入例:sanwa@××.co.jp】 (半角英数字記号)


郵便番号 (必須)【記入例:1234567】(半角数字)


住所 (必須)【記入例:兵庫県宝塚市○○町○丁目○-○】


電話番号 (必須)【記入例:1234567890】(半角数字)


年齢(必須)【記入例:30】(半角英数字)


参加日時(必須)


参加人数(必須)【記入例:大人:2人、子供:2人】


お住まいのご計画内容(必須)


ご計画時期(必須)


これまで当社に資料請求されたことはございますか?
 はい いいえ

ご質問の内容

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

6月の施工マップ

 

こんにちは!三和建設 伊丹展示場 パッシブデザインの【ザ・グランデーゼ】です。

三和建設では現在46現場が施工中です。(前回の施工マップはこちら

 

20160605_June

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(クリックで拡大します)

 

三和建設では木造住宅だけでなく鉄骨造の大型建築物やコンクリート住宅も取り扱っております。

ご見学を希望される方には随時ご案内も行っておりますので、お気軽にご連絡ください

 

20160130_siryo

 

 

 

 

 

 

先日、伊丹市にある荒牧バラ公園に行ってまいりました!

バラ公園で咲いているバラの品種はなんと約250種類!

バラ=赤のイメージでしたが、黄色・白・ピンクと色とりどり

普段あまり写真を撮らない私もこの日ばかりは歩くたびに写真を撮らずにはいられませんでした

 

20160607_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20160607_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20160607_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20160607_7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園内は南欧風になっていてプチ旅行気分を味わえます

20160607_8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望テラスから公園内が一望できますお天気もよかったのでたくさんの方が遊びに来ていました。

20160607_9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月中旬から6月中旬までが見頃なので、ピークは過ぎてしまっていますがたくさんのバラは本当に圧巻です!ちなみに 秋は10月~11月が見頃とのことです

バラだけでなく、大きな芝生広場や遊具もあり小さいお子さま連れでもゆっくり楽しめると思います

 

入場料は無料ですのでぜひ一度遊びに行ってみてくださいね。

今後も伊丹市内のおすすめスポットを紹介してまいります!

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

 

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。