構造見学会に行く意味って何なの?

 

伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」からこんにちは。

台風16号が去って今朝は少しだけ綺麗な青空が広がりましたが、

残念ながら午後からはまた曇り空に。

それにしても涼しくなりましたね。

まさに風邪を引くのはこんな時ですから、気をつけましょうね。

さて、今日は「構造見学会」について話したいと思います。

 

22日から宝塚市山本南1丁目で始まった『SE構法』の「構造見学会」ですが、

 

20160628_1

 

「構造(現場)見学会」は家を建てる前に絶対見に行くべきかどうか・・・。

皆様はどう思われますか?

 

『“絶対” というわけではないかもしれないけど、見に行く方がいいんじゃない?』

『いやー、別に行かなくてもいいんじゃない?』

『構造なんて見ても難しくてよくわからないし・・・』

『完成した家を見に行く方が楽しいよ・・・』

『どんな木材(材料)を使っているのかちゃんと見ておく方がいいよ・・・騙されないためにも・・・』

 

 

こんな感じですかね。

もしご主人様が行こうとしたら、奥様は仕方なくついて行くのかなあ・・・。

 

se_%e6%a7%8b%e9%80%a0%e5%86%99%e7%9c%9f_%e5%b0%8f%e5%b1%8b%e7%b5%84

 

では私から答えを・・・。

答えは、絶対に見に行くべきです。

 

これは当社で家を建ててほしいからとか、そういった営業的な理由ではありません。

 

もちろん、SE構法の素晴らしさを見てほしい・・・わかってほしい・・・というのはありますし、

「骨組み」や「設備の配管」は、そのうち隠れて見えなくなってしまうので、

家づくりで、こんな重要な部分を見ずして建てるのはおかしい・・・とも思います。

 

でも、それら建物構造のこととは別の重要なことがわかるのが「構造(現場)見学会」です。

 

一つ目の理由は、なんていうか・・・見に行けば、その会社の実力がわかります!

 

極端な言い方をすれば、「構造のこと」がよくわからなくても、

 

その会社の良し悪しがわかるということです。

 

「○○見学会」ともなれば、現場は綺麗に清掃してあるでしょうが、

たとえば、お客様用のスリッパは綺麗か?とか、

搬入された材料は整理整頓されているか?とか、

足場やネットシートがきちっと付いているか?とか、

 

こんなことから、何がわかるかと言うと、現場すなわち家づくりに対する “心構え” なるものがわかり、

その会社の姿勢や、社員はじめ職方に至るまで教育が出来ているかがわかります。

さらに言えば、「○○見学会」を開催していない時にも、

『(施工中の)現場を見せてほしい』 と言って見るべきだと思います。

常に緊張感を持って家づくりに取り組んでいるかどうかが確認できるからです。

 

そして、二つ目としては、設計士も営業もすべての社員がお客様にわかりやすく説明できるかどうかです。

自分たちがお客様のために造り上げる建物のこと(ここではSE構法)、使っている材料のことなどを

難しい言葉ではなく、誰に対してもわかりやすく伝えることができるか・・・ということです。

これはわかっていなければ話せませんし、

ましてや専門用語を連発しないで、お客様に合った言葉に置き換えて話せれば

満点に近いのではないかなと思います。

 

最後に、時間をかけて丁寧に案内してくれているか?とういことです。

たとえば、「事前予約制」もしくは「完全予約制」などにして、

1組、1組のお客様に同じように時間をかけることができているかということです。

 

お金持ちの方は別として、ほとんどの方が “一生に一度の買物” だと思って建てるお住まいです。

たくさんのお客様が一度にやってきて、肝心の説明が聞けなかったり、質問も出来なかったり

記念品なんかを目当てにやってくるような見学会になっていないか?ということですね。

 

 

・・・・・・ということで、見に行くべき理由を3つ挙げてみました。

ぜひ、営業や設計から誘われなくても、『(施工中の)現場を見たい!』 と、言ってみてはどうでしょうか。

私などは、そのお客様の熱心さに心打たれて、あちこちの現場へお連れしますよ!

 

 

 

 

「SE構法」住宅の構造見学会【終了しました】

 

こんにちは。伊丹展示場です。

 

9月に入り、ようやく暑さも一段落でしょうか。

 

昼間の外は温度計がまだ30℃を示していますが朝夕涼しくなり、

 

そろそろ秋色の服を準備し始めないといけませんね。

 

見上げると秋の空が広がり、とてもきれい・・・です。

 

「天高く馬肥ゆる秋」ですね。

 

 

さて、今日は皆様に「SE構法」住宅の現場構造見学会をお知らせします。

 

東日本大震災、熊本地震における震度7の大震災においても倒壊することのなかった「SE構法」。

 

繰り返し来る地震に耐えることが出来た「SE構法」の構造体をぜひともご覧いただきたいと思います。

 

また、真夏と違ってご見学もしやすくなるかと思います。

 

家の構造や工法を知ることはとても大事なことです。

 

これから家を建てようと、お考え始めの方、ぜひ一度、足をお運びください。

 

今回ご案内する現場は宝塚市内にあり、お施主様のご厚意で見学会を開催させていただきますが、

 

訳あって、ここで詳しい所在地を明かすことはできません。

 

3日間限りの【 完全ご予約制 】見学会となります。

 

下欄に≪ご予約お申込みフォーム≫の青いボタンをご用意しておりますので

 

恐れ入りますが、そちらからご予約くださいませ。

 

 ↓※画像を左クリックしていただくと、拡大します。 再度左クリックすると、元の画面に戻ります。

 

20160922-24-25_kouzoukengaku

 

btn_reserve

 

なお、三和建設の伊丹展示場に直接ご連絡いただいても構いません。

※ご相談やご質問もお気軽にご連絡ください。

■メールでのお問い合わせは・・・こちら からどうぞ
■お電話でのお問い合わせ・・・お客様専用フリーアクセス:0120-163-404 

※上記の受付時間:9月の定休日9/14(水)・21(水)以外の10:00~18:00

9月の伊丹展示場、ABCハウジングは毎週来てもアキナイかも!

 

伊丹展示場からこんにちは!

とうとう、9月?

やっと、9月?

いよいよ、9月?

さて皆様はどんな9月でしょうか・・・?

 

安倍首相が消費税10%の延期を表明したのが今年の6月1日でした。

それから3カ月。もし延期になっていなかったら、来年の4月から消費税は10%に上がるはずでした。

だから、本来この9月は新築や建替え住宅の駆け込みで、てんやわんやになるはずだった!?

で、暇なの?と思われるかもしれませんが、意外や忙しくさせてもらっています。

駆け込みではなく、じっくりと考えてきた方たちがしっかりと将来を見据えて

買うなら今でしょ! 建てるなら今でしょ! といった感じで来られています。

 

あわてて建てることもないですが、何も消費税が上がってから建てることもないわけですよね。

平成31年10月まであと2年あるとは言え、何も待つ必要はなく、

じっくり、しっかりマイホームへの道を歩んでいきましょう!

 

では、9月のABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園のイベント広告をご覧ください。

9月からは「ウルトラ怪獣ラリー」などもあって、親子で楽しめます!

なんで「ウルトラ怪獣?!」かと言うと、

今年はウルトラマンシリーズが放送開始してから50年なのと、

ABCハウジングが今年50周年を迎えたからなんですって。

ちなみに、我が三和建設は1歳年上の51周年です!

新築をお考えの方も、リフォームをお考えの方も、まだまだ先だと思っている方も

やっと暑さも一段落。ぜひ、ご家族みんなでお越しくださいね。

 

                        ↓ 画像拡大できます。

9月のイベント・・・ABCハウジング伊丹・昆陽の里

家の「構造計算」って、一体何?

 

こんにちは。ようやく暑かった夏も一段落しそうな今日この頃ですが、
いかがお過ごしでしょうか。

 

また今、日本には大型の台風10号が来ており、阪神間でも朝から雨が降り続いています。
明日の午後には東北に上陸する予報になっており、大きな被害が出ないよう祈ります。

 

さて、今日は木造住宅の安全性を確かめる「構造計算」についてお話しましょう。

 

ここ伊丹展示場にお越しいただいたお客様に、私たちが「SE構法」をご説明する際に、
「SE構法では全ての建物に対して『構造計算』を行います」といった話をさせていただくのですが

一体これは何のことを意味して言っているのか・・・を改めてご説明したいと思います。


今から21年前の1995年、阪神淡路大震災において木造住宅が数多く倒壊し、人命が失われました。
その結果、震災から5年後の2000年に、建築基準法(=建築における法律)が改定され、

地震に抵抗するための「壁」の配置やバランスの基準、「柱」の足元が地震で抜けないようにするための
基準が強化されました。

 

しかしながら、「全国的に統一された基準」には実は問題が残ります。
 

なぜならば、建物は地域によって、形状によって、“重さ” や “バランス” が違うものであり、
耐震性は一律に評価できるものではないからです。

 

さらに、建築基準法では3階建ての木造住宅は構造計算が求められますが、
2階建て以下の住宅は構造計算をする必要が無く、簡易計算で建築することができるため、
木造住宅は構造の安全性が細部にわたり確認されないまま建築されているのが実状です。

 

『えっ、そうなの?』と、驚かれるかと思いますが、事実です。
 

地震列島日本において、今もってこんな状況なのです。
熊本地震においても、比較的近年に建築された木造住宅が全壊している様子は
かなり衝撃的な映像でした。

 

では、「通常の建物」 と 「構造計算をした建物」 とでは何が違うのでしょうか。

 

多くの木造建築は、簡易な計算方法 『壁量計算』 により安全性を確認します。
文字通り丈夫な『壁』の数やその配置により、建物が地震や風からの影響を受け難くするものです。

一方、『構造計算』は、1棟ずつ個別に、

・タテの力に耐えられるか?・・・「鉛直荷重」

・ヨコの力に耐えられるか?・・・「地震荷重」と「風荷重」

・各階の変形やねじれ、バランスはどうか?・・・「層間変形・偏心率・剛性率」

のチェックを行い、部材や接合部に対するカラー判定による確認や、
地盤の強さを考慮した上で基礎の構造計算も実施します。

 

これらのことを1棟ずつ個別に細部にわたって確認することではじめて
その建物の安全性を証明することができるのです。

 

また、この『構造計算』を全棟標準化しているSE構法では、
鉄骨造やRC造といった高層建築や大規模建築では当たり前の、
建物の構造部材を立体的な構造モデルに置き換えて
安全性を確認する『マトリクス解析法』という手法を用いています。

 

建物の自重や地震、風によって生じる力が、構造体にどのように伝わるのかを知るためには
このマトリクス解析によって解析しないと、正確な確認判断をすることができません。

 

ですから「SE構法」は、マトリクス解析法を用いた立体的な構造解析を行い、
部材1本ごとに生じる力や変形に対して安全性を確認する『構造計算』をしている木造住宅なのです。

 

↓左クリックで画像を拡大できます。
 

Technical1_005_800x904

伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」休業日のご案内

ABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園内
伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」 休業日のご案内

 

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ではございますが、伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」モデルホームは
下記日程を休業とさせていただきます。

 

   ◆臨時休業日   8月16日(火)

    ◆定休日     8月17日(水)


皆様にはご迷惑とご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお当日、お急ぎの御用のお客様は下記にて承りますので、ご遠慮無くご連絡ください。
お問い合わせ先  
090-9218-8645(德田) 9:00~18:00

※ホームページならびに電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、
 8月18日(木)以降に順次対応させていただきますので、
 何卒
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」夏季休業のお知らせ

ABCハウジング伊丹・昆陽の里住宅公園内
伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」 夏季休業のご案内

 

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ではございますが、下記日程で伊丹展示場「ザ・グランデーゼ」は夏季休業とさせていただきます。

 

   ◆休業日 8月9日(火)・10日(水)・15日(月)


皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、休業日前後のお問い合わせにつきましては、下記にて承ります。
お問い合わせ先:0120-163-404 9:00~18:00

 

※同、休業日中のお電話・FAXでのお問い合わせもお休みとさせていただきます。

※ホームページならびに電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、
 8月11日(木)または16日(火)以降に順次対応させていただきますので、
 何卒
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

宝塚で開催|7/23(土)・24(日)はSE構法の構造見学会へ!

皆様こんにちは。梅雨が明けてからというもの焼けつくような暑さが続いていますが

いかがお過ごしでしょうか。

ここ伊丹展示場ではこの7月にお越しいただいたお客様で

「SE構法」 に関心をお持ちくださったお客様に向けて

「構造見学会」へのお誘いをお送りさせていただきました。

太陽が恨めしいほど暑いですが、ここはなんとか 『よっしゃっ!』 と踏ん張っていただき、

ぜひ、本物の「SE構法」の現場で、お住まいの “ 安全性 ” に対する造詣を

深めていただきたいと思います。

建物で最も大事なこと、それはなんと言っても、「構造体」に他なりません。

実際にご覧になった人にしかわからない 「SE構法」 の凄さを間近でご体感ください。

当社で「SE構法」に惚れ込み、自宅を建築した社員もご案内役を務めますので

どうぞ御家族でお越しくださいませ。

 

耐震工法 SE構法 構造見学会

 

設計士・インテリアコーディーネーター紹介!

 

こんにちは!三和建設 伊丹展示場 パッシブデザインの【ザ・グランデーゼ】です。

今回のブログでは三和建設の個性豊かな設計士・インテリアコーディーネーターを紹介します!

 

20160702_kusachi

 

 

20160702_samejima2

 

 

20160702_omono

 

 

20160702_adachi

 

 

20160702_ota

 

20160702_itou

 

20160702_miyata

 

 

三和建設では約100名の社員のうち、約50名が1級建築士と2級建築士の資格を持った技術者集団です。

気になることがありましたらお気軽にご相談ください!!

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

 

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

耐震住宅テクノロジー 第1回〜プロローグ〜

 

こんにちは!三和建設 伊丹展示場 パッシブデザインの【ザ・グランデーゼ】です。

 

「地震の備え:耐震住宅テクノロジー」 について今回より5回にわたってご説明させていただきます。

 

SE構法① プロローグ

SE構法② 構造計算ってなに?

SE構法③ 繰り返し地震を考える

SE構法④ ライフスタイルと間取りの変化

SE構法⑤ ゼロエネルギーハウスとパッシブデザイン                                             

20160628_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SE構法ブログ第1回 〜プロローグ〜

 

4月14日、熊本県を中心として発生した大地震は、M6.5の「前震」の約28時間後にM7.3の「本震」が起こりました。このように前例のない短期間での繰り返し地震が建築物への被害を拡大させ、住宅の被害は7万棟を超える大きなものとなりました。今回の住宅倒壊の原因は、建物の強度によるものと、地盤の強度によるものですが、家族の命を守る住処に長く住まうためにも、今一度地震の備えについて考えたいと思います。そこで、建物の耐震性という観点から5回にわたって、耐震住宅の基礎知識についてお伝えしたいと思います。さらに、耐震と省エネの密接な関連性や、住まい方の知恵についてもお伝えしていきます。

 

1995年に起こった阪神淡路大震災では、木造住宅の倒壊により犠牲者を増やしてしまいました。その後の日本の木造住宅の現状は変わらず、ほとんどが国の定める壁量規定によって耐震性の基準を満たしております。 この壁量規定とは、壁や筋交いを簡易的に数値化(壁倍率)して必要な枚数を算出する方法です。しかし、全ての家は立地条件が異なり間取りも違うことから、一棟一棟個別に耐震性を確認しているとは言えません。また、壁を増やして耐震性を確保することは、空間や開口、間取りの自由性を損なうことにもつながります。

 

そこで、われわれ三和建設では、木造の耐震住宅である「SE構法」を採用しております。SE構法は、大規模建築物の技術を一般住宅に応用し、「地震や台風を考慮し厳密な構造計算をおこなうこと・使う材料が強度基準を満たしていること・設計通りの精度で確実に施工できること」 を前提とし、勘や経験ではなく科学的な根拠を取り入れた木造の耐震構法です。

鉄骨造やRC造と同様の立体解析による構造計算をおこなうことで、耐震性能を明確に数値化し、 さらに、建物と一体の基礎の構造計算も実施することで、耐震性に対する最適解を導き出しています。

1997年に木造住宅として初めて建築基準法旧第38条の一般認定を取得し、その後も基準法の改正に沿い必要な評価を取得しており、これまで倒壊件数は0件です。

 

次回に続く

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

 

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

宝塚市で家を建てるなら!厳選土地情報

 

阪神間で土地をお探しの方に!

人気の宝塚市売土地情報を 三和建設が ご紹介します。

 

20160623_mukoyama

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【物件概要】

○住所:   宝塚市武庫山2丁目

●交通:   阪急今津線「宝塚南口」駅から徒歩11分

○土地面積: 227.91㎡ (約68.94坪)

●地目:   宅地

○用途地域: 第2種中高層住居専用地域

●建ぺい率/容積率: 50%/100%

------------------------------------------------

 

 

 

20160517_nakasujiyamate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【物件概要】

○住所:   宝塚市中筋山手4丁目

●交通:   阪急宝塚線「中山観音」駅から徒歩9分
       
JR宝塚線「中山観音」駅から徒歩9分

○土地面積: 241.35㎡ (約73.00坪)  

●地目:   宅地

○用途地域: 第1種低層住居専用地域

●建ぺい率/容積率: 50%/100%

------------------------------------------------

その他、こんなエリアで土地を探して欲しい!現地案内、プラン作成、資金計画相談など、すべて無料でいつでも行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細は0120-163-404までご連絡いただくか、下のバナーをクリックし、メールフォームよりお問い合わせください。

20151220_obi

 

 

 

20151223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザ・グランデーゼ「設計手法=パッシブデザイン」「構法=SE構法」「性能=W断熱Q1.0住宅」「快適性=光冷暖房システム」是非一度ご見学・ご体験にご来場下さい。

宝塚、伊丹、西宮、川西、尼崎、豊中、神戸をはじめ阪神間で施工しています。上記地区以外もお問い合わせください。

 

★☆応援クリックお願いします!☆★